環境資格 合格ナビ

資格取得に役立つ 教育講座ランキング




■ 資格・趣味のGooスクール ■

 

 資格はもちろん、趣味まで全国64798講座から、
 お気に入りの講座を選べます。
 自分のいろんな可能性に気付くかも!

 




■ 介護事務の講座案内を無料一括請求 ■

 

 介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』。
 人気の福祉住環境コーディネーター、ケアマネージャー、
 介護事務などの講座案内を無料で一括請求できます。

 




■ 技術系の通信教育講座ならJTEX ■

 

 36年の実績,利用企業6,000社,受講者総数200万人突破。
 資格や技能にあった技術系講座を多数取扱っています。
 約140の講座から選べる総合通信教育。。

 

 

はじめに

環境の資格も、技術士環境計量士をはじめ難関資格が多く、人気も高い印象があります。

 

環境に関心があるなら、ぜひ資格にチャレンジしてみませんか?

 

しかし、「この資格を取ると仕事になりますか?」という質問をされる方が、時々いらっしゃいます。
大切なことは資格が仕事をするわけではないということをしっかりと認識する必要があります。

 

資格があれば仕事が出来る、とか、資格があれば仕事は向こうからやってくる。
などということは期待できませんし、するべきでもありません。

 

資格は社会的な信頼を得るためのもので、仕事に精通した技術者、仕事ができる人や
詳しい知識を持っている人に対しての証しのようなものです。

 

ですから、資格を取ると何ができるの?という受身ではなく、資格を取って、こんなことをやる!という積極的な気構えが、合格への第一歩ではないかなと思っています。

ポジティブシンキングで頑張りましょうね!

 

お役立ち度は、業務として行う際に客先から必要とされる条件、就職・転職の要件などで決めましたので、
プロとアマの立場の違いによって、意味合いは変わってくると思います。

 

資格のメリットは、取得後に合格者同士のコミュニティに加わることによって、
さらに知見が積んでいけることが大きなメリットだと思います。

 

アマチュアの方は、
「その資格は有用か(社会に認められているか)?」
「合格後のコミュニティは充実しているか?」
というような点で選択されてはいかがでしょうか。

 

 


  カテゴリ検索 | 旅行・地域情報 | 家庭・暮らし | 趣味・スポーツ | コンピューター・インターネット | ショッピング | エンターテインメント
  ビジネス・経済・産業 | 芸術・文化 | 政治・社会 | 健康・医療 | 教育・学習 | メディア・ニュース・情報源